<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大澤弘治氏

引き続き、USオフィスでセミナーしていただく予定の大澤弘治(おおさわこうじ)氏。
シリコンバレーのベンチャーキャピタル Global Catalyst PartnersのManaging Principal and Co-founderをされています。

http://www.gc-partners.com/html/Koji.html

http://www.siv.ne.jp/publication/blog/archives/2005/06/20050613_0508.html

大澤さんも検索するとたくさんの情報が見つかります。

(赤間)
[PR]
by tusvtour | 2007-02-25 05:44 | 予習事項

平強氏

USオフィスにてセミナーをしていただく予定の平強(たいらつよし)氏。
High Connection Density(www.hcdcorp.com)のChairman/CEOをされています。

ご本人のブログはこちら:
http://www.tsuyoshitaira.com/

「エンジニアよ挑戦せよ」という本を書かれています。
f0120849_533227.jpg

この方も、検索するとたくさんの情報が見つかります。

(赤間)
[PR]
by tusvtour | 2007-02-25 05:38 | 予習事項

中町昭人氏

訪問先候補の第2弾は、中町昭人氏。

中町さんのバイオはこちら
http://www.kirkland.com/ourfirm/docs/Nakamachi_Japanesebio.pdf

より詳しい経歴などはこちらから:
http://www.jtpa.org/archives/2002/06/aecae.html

上記は2002年時点でのインタビュー記事ですが、現在は大手法律事務所であるKirkland & Ellis, LLPのPartnerをされています。パートナーとは、共同経営者であり、普通の会社などでいうところの取締役みたいなものです。

でも緊張する必要はありません。とてもやさしく温厚なお人柄で、みなさんと会うのを楽しみにしていただいていますので、上下の情報、およびさらなるウェブ検索などから情報を集め、質問を用意してきてもらいたいと思います。

今回はSan Franciscoの高層ビルの中のオフィスを訪問させていただき、眼下に広がるすばらしい眺めを見ながらお話を伺う予定です。

Kirkland & Ellis, LLPのウェブサイト:
http://www.kirkland.com/

サンフランシスコオフィス(上記からも行けます):
http://www.kirkland.com/ourFirm/officeDetail.aspx?sanfrancisco&id=104299003

(赤間)
[PR]
by tusvtour | 2007-02-25 05:26 | 予習事項

Intelと東北大学

予習事項、第1弾です。

Intelと東北大学、大見教授との関係について。

要約資料作成などは後日担当者にやってもらいたいと思いますが、例えば下記リンク先を読んでみてください。

東北大学HP上のインタビュー

インテルの復活

インテルの復活2

他にも検索すれば、いろいろ見つかると思います。

Intelをぜひ見学してみたくなるのではないでしょうか?
現在準備中ですが、乞うご期待。

追記

上記リンクのURLです。リンクから飛ばない場合は、下記をコピーしてブラウザのアドレス欄にペーストしてみてください。

http://www.tohoku.ac.jp/japanese/interview/0428-index.html

http://www.fff.niche.tohoku.ac.jp/intel/intel.html

http://www.fff.niche.tohoku.ac.jp/intel/intel2.html

(赤間)
[PR]
by tusvtour | 2007-02-20 08:23 | 予習事項

説明会を終えて

昨夜、予定通り参加者説明会を行いました。
同じ日に卒論発表会などがあった人もいたようですが、みんな時間前にしっかり集まって、さすがです。スバラシイ。あー、でも引率の誰かがちょっと遅かったですね(笑)。

参加者同士が一同に会するのは昨日が始めて初めてだったわけで、それぞれ他にどんな学生が来るのか知らなかったのだから、どう考えても昨日の時点で、みなさんに参加者名簿を配るべきでしたね。

参加者同士での絆を深めていってくださいなんて言いながら、そのための情報を与えないなんてまったくおかしな話。気が回らなかった点、反省しています。

でもみなさん文句も言わず、ML作成を申し出てもらったり、早速その場でいくつかの準備を開始してくれたりと、建設的なところを見せてくれたので、ちょっとほっとしています。

これから準備を進める上で、いろいろな問題が出てくるかも知れませんが、「楽しむ」という基本姿勢で乗り切っていきましょう。

(赤間)
[PR]
by tusvtour | 2007-02-20 08:09 | 一般連絡

UC Berkeley訪問

本研修ではもちろん、ベイエリアの大学を訪ねます。

今日は渡利さんといっしょに、University of California Berkeleyのキャンパスツアーガイドをしていただく予定の、二人の学生さんに会ってきました。赤間がJapan Bio Communityの活動を通じて知り合ったTYさんの紹介で、この夏卒業予定の二人の学生さんが協力してくださることになりました。

TYさんと彼の奥様のAKさんとともに、トータル6名で夕食を取りながら、あれこれと話をしてきました。きっと楽しく、充実したキャンパスツアーになると思います。

UCバークレーには、こんな人(たち)もいるんだーと、私はいい意味で正直ちょっと驚きました。研修参加者のみなさんには、当日までのお楽しみとしておきましょう(^^)。


(赤間)



UC バークレーの写真をいくつかアップしておきます。
活気に溢れたエキサイティングな大学だなぁというのが私の感想です。(渡利)


University of California, Berkeley

創立1868年3月23日
学生/教員合わせて33,000人
19人のノーベル賞授業者

website:
UCバークレーの写真や動画が見られるwebsite:


f0120849_3375128.jpg


f0120849_3383297.jpg


f0120849_342229.jpg


f0120849_3405434.jpg


f0120849_3391234.jpg


(上)MBAとEngineeringの学生は半々で受講しているThe Management of Technology Program(http://mot.berkeley.edu/)のクラスの様子です。

f0120849_3411898.jpg


(上)School of Letters and Scienceのクラスの様子です。

f0120849_3415047.jpg


Student Learning Centerで(http://slc.berkeley.edu/general/index.htm)、学生たちがチュータリングを受けながら学習をしている様子です。
[PR]
by tusvtour | 2007-02-17 17:09 | 東北大フェア

スタンフォード大学のBechtel International Center

ここがスタンフォード大学のBechtel International Centerです。
とても可愛らしい個人邸宅のような建物です。

f0120849_142435.jpg




中庭から、 会場となるAssembly Roomのある部屋を写しました。

f0120849_1424062.jpg




Assembly Room内部の様子です。
広さは、7m×11mです。



f0120849_1435828.jpg


f0120849_1442187.jpg




Assemble Roomから見た中庭はこんな感じ。
芝生が美しい、閑静な庭です。

f0120849_1532733.jpg
f0120849_1541018.jpg





さて、皆さんがこの環境をどのように活かして、エキサイティングなイベントにしてくれるのか、とても楽しみです。 (渡利)
[PR]
by tusvtour | 2007-02-17 01:51 | 東北大フェア

いよいよ始動!

今週18名の参加者が決定し、これから出発当日まで、本格的な準備が始まります。

まず来週の月曜日(2月19日)に、第1回参加者説明会。本研修現地担当の私、赤間がアメリカを土曜日に出発し、仙台に行きます。月曜日の夕方に説明会を行い、翌火曜日の便でとんぼ返りという短い日程ですが、参加者のみなさんに会えるのが今から楽しみです。

参加者のみなさん、もう研修は始まってるからね。これから出発の日まで、みっちりと準備して備えてもらうから、覚悟しておくように。

この場は公開ブログですので、基本的に個人的なことは書かないようにします。でも参加者同士はもちろんのこと、世の中の人たち、特に他の大学の方々とは情報などをシェアしたいとも思っているので、できるだけオープンなポリシーでいようとも思っています。

(赤間)
[PR]
by tusvtour | 2007-02-16 16:48 | 一般連絡

観光下見

研修中、ほんの半日程度ですが、サンフランシスコ観光を予定しています。

今日はそのコースの下見を行いました。朝ホテルを出発して、最初に行ったのはツインピークス。下はそこからの眺めです。冬場はこんな感じで雲が多くなりますが、みなさんが来る頃は、きっと素晴らしい青空が広がっていることでしょう。
f0120849_1762616.jpg

その次はお約束のゴールデンゲートブリッジ。渡った先の駐車場から。
f0120849_1781398.jpg

その後はこれもお約束のフィッシャーマンズワーフに行きます。ここでランチの予定。

そして午後はいくつかの会社めぐり。シリコンバレーの有名企業というのは、日々見学の希望が殺到しているため、特に20名超の団体の場合、かなり難しいのが現実です。

そこを何とかすべく、現在あの手この手で会社見学の道を模索しています。現時点で確約はできませんが、1社以上は見学できるよう、こちらもがんばります!

(赤間)
[PR]
by tusvtour | 2007-02-12 17:02 | 一般連絡

ボランティア精神

東北大学シリコンバレー学生インターンシップの準備に関連して、今日ボランティアでご協力いただける方々とミーティングをしました。

当然ながら、本研修に関するミーティングは今日が初めてではありません。昨年から多くの関係者間で何度もミーティングを行い、本学への出張も含め、あちこちの部署の皆様方とあれこれと打ち合わせをしながら進めてきました。

研修概要、募集要項、募集方法、選考方法、稟議、などなど、紆余曲折を経て、1月に案内を流し、エッセイによる1次選考、そして面接を経て今まできました。

今回USオフィスに来ていただいたのは、具体的にはこの方この方です。

今日の主な内容は、参加者の食事について。1週間に渡る海外研修において、参加者が有意義な時間を過ごせるかどうかという点で、食による体調管理というのは本当に重要なことなのです。

断じて言いますが、おふたりとも、決して暇なわけではありません。むしろ、かなり忙しい日常をこなしていらっしゃるのですが、ありがたいことに、私たちの企画にも全面的にご協力いただけるとのことで、この場でもあらためて感謝したいと思います。

本質的な議論をすれば、善意のボランティアに頼るべき筋合いのものではないのですが、実際問題としてこのような企画が、これからの日本の学生たちにとって不可欠であるという信念を持ったスタッフが遂行するにあたって、こういった協力なしには成り立たないのが現実でもあるのです。

我々スタッフも、学生の皆さんに負けない熱意、信念と使命感に基づいて、基本的にボランティア精神で臨んでいます。

(赤間)
[PR]
by tusvtour | 2007-02-10 16:48 | 一般連絡